情報教育カリキュラム  
目標リスト支援素材 レシピ100選  活用事例集 ◆ 画像素材検索 ◆

情報教育の目標リスト
情報活用の実践力
  1.<情報の表現およびコミュニケーション>
   【a:表現】
   【b:メディアによるコミュニケーション】
  2.<課題解決における情報活用>
   【c:問題の発見と計画】
   【d:情報の収集】
   【e:整理・分析・判断】
   【f:発信・伝達】
  3.<情報手段の適切な利用>
   g:情報手段の適切な利用】
情報化社会に参画する態度
  6.<情報に対する態度>
   【m:情報に対する態度】
  7.<情報モラル>
   【n:情報モラル】
情報教育の目標リストの解説

1.<情報の表現およびコミュニケーション>
【a:表現】
  LEVEL 1 自分の気持ちや言いたいことを、表現できる
  a1-010 自分の言いたいことを考えながら表現する
  a1-020 自分の言いたいことの要点を言える
  LEVEL 2 伝える内容を意識し、工夫をしながら表現する
 
a2-010
要点を考えて表すことができる
  a2-020 見たことや読んだことを、整理して話す
  a2-030 情報には送り手と受け手があることに気づく
  LEVEL 3 さまざまな情報手段を活用して、効果的に表現する
  a3-010 集めた情報を元に新しい情報を作り出すことができる
  a3-020 自分の考えを組み立てながら、適切な情報を選ぶことができる
  a3-030 相手に効果的に伝わるように、順序を整えて表すことができる
  a3-040 相手に伝えるために、メディアを使って効果的に資料を作成する
 
a3-050
相手の意見を理解して質疑応答ができる
 
a3-060
伝えたいことに応じて表現の仕方を工夫する
 
a3-070
他の人にわかりやすい表現方法を知る
 
a3-080
構造的に表すことができる
     
【b:メディアによるコミュニケーション】
  LEVEL 2 メディアを活用して情報を交流する
 
b2-010
テレビ会議や電子掲示板等を利用して交流する
  LEVEL 3 メディアを活用して情報を交流する
  b3-010 電子メールを利用して他校と交流する
  b3-020 テレビ会議や電子掲示板等を利用して意見の交換を行う
  b3-030 共通の話題についてメディアを利用して交流する
  b3-040 共通の話題について複数のメディアから選択して交流をする

2.<課題解決における情報活用>
【c:問題の発見と計画】
  LEVEL 2 自ら課題を選び計画を立てることができる
 
c2-010
集めた情報の共通点や相違点から、課題を見つける
  c2-020 得た情報から新たな課題を見つける
  c2-030 自分の身近な事象に関連付けて課題を考える
  c2-040 見通しを持って、調べる
  LEVEL 3 自ら課題を見つけ、見通しを持って活動することができる
  c3-010 課題解決に必要な情報かどうか適切に判断する
  c3-020 自分の意見を正確に相手に伝える
  c3-030 自分の考えや活動計画の要点をわかりやすくまとめる
  LEVEL 4 自分の学習活動を振り返りながら、計画・実施・評価ができる
     
【d:情報の収集】
  LEVEL 2 身近なところからさまざまなメディアを使って情報を集める
 
d2-010
身近な人からインタビューをして情報を集める
  d2-020 いろいろな機器を活用して、情報を集める
  d2-030 ネットワーク上に発信された情報を集める
  d2-040 印刷物・放送・ビデオなどのメディアから情報を集める
  d2-050 自分の調べていることについて、他の人に意見を求める
  d2-060 相手に伝えるために、主体的に質問を聞き、調べる
  LEVEL 3 課題解決に必要な情報を、情報手段を活用して収集する
  d3-010 目的を考え、情報を選択して集める
  d3-020 身近なことがらから課題を見つけ、課題解決のための情報を収集する
  d3-030 他の情報と比較しながら必要な情報を得る
  d3-040 情報の活用方法を考えながら、情報収集する
【e:整理・分析・判断】
  LEVEL 2 集めた情報を比べたり、まとめたりできる
  e2-010 話し合って意見をまとめる
  e2-020 相手に伝えたいことを、絵図や資料にまとめる
  e2-030 相手に伝えたいことを、情報を整理して文章にまとめる
  e2-040 相手に伝えるために、資料を作成する
  e2-050 集めた情報について話し合い、新しい関係を見つける
  e2-060 集めた情報の共通点や相違点を話し合い分類する
  LEVEL 3 集めた情報を分析し、適した方法でまとめることができる
  e3-010 集めた情報を分析し、傾向や規則性を見つける
  e3-020 課題解決に必要な不足情報に気づき、さらに情報を収集・整理する
  e3-030 集めた情報の特性に応じて適切な表やグラフにまとめる
  e3-040 伝えたいことを、電子情報としてまとめる
  e3-050 集めた情報を活用しやすいように整理する
  LEVEL 4 情報手段を活用して、整理・分析・判断する
  e4-010 コンピュータやメディアを利用して情報を整理する
  e4-020 コンピュータにデータを入力して分析する
  e4-030 分析した情報に基づいて、的確に判断する
     
【f:発信・伝達】
  LEVEL 2 まとめたことを、人に伝える
  f2-010 まとめたことをみんなの前で話す
  f2-020 相手に伝えるために、絵図や資料を見せながら話す
  LEVEL 3 伝えたいことを明確にして、相手にわかりやすく伝える
  f3-010 伝えたいことを明確にして、プレゼンテーションを行う
  f3-020 情報をネットワーク上に発信する
  f3-030 自分の考えをはっきりさせて、正確に伝える
  f3-040 順序を考えて、相手にわかりやすく整理して発信する
  f3-050 メディアを使って、情報・意見を適切に伝える
  f3-060 事実に基づいた情報を発信する
  LEVEL 4 聞き手の立場にたち、メディアを有効に活用し、筋道を立て伝える
  f4-010 相手を説得するために話の順序を考える
  f4-020 章立てて(起承転結を考えて)発表する
  f4-030 相手を意識し、推敲を繰り返して発信する

3.<情報手段の適切な利用>
【g:情報手段の適切な利用】
  LEVEL 1 身の回りの情報手段に慣れ親しむ
  g1-010 身の回りのメディアを情報収集に使う
  g1-020 使いたいメディアのよさを感じ取ることができる
  g1-030 写真や絵図、ビデオにテキストを加える
  LEVEL 2 いろいろな情報手段の特性の違いに気づく
  g2-010 表現したい事物を効果的に写真やビデオに撮影する
  g2-020 提示装置やプレゼン用ソフトを適切に利用して表現する
  g2-030 情報機器をつかって、絵や音楽をつくる
  g2-040 自分の考えを、わかりやすく伝えるメディアを選ぶ
  g2-050 身近にあるメディアの種類や違いに気づく
  g2-060 情報はディジタル化すると、加工しやすいことがわかる
  LEVEL 3 目的に応じて、情報手段を使い分けることができる
  g3-010 メディアにはそれぞれに長所と短所があることを知る
  g3-020 文字や画像や音声を、編集する
  g3-030 適切なメディアを選択して情報発信する
  g3-040 意見交換の場面でテレビ会議を利用する
  g3-050 目的を達成するために、どんなメディアが使えるかを考える
  g3-060 文章をタッチタイピングで入力する
  g3-070 文字(ワープロ)や画像や音声などを適切な表現方法を選択する
  LEVEL 4 状況に応じて情報手段を複合的に活用する
  g4-010 多種多様なメディアを場面に応じて効果的に組合せる
  g4-020 電子報告書を作成する

6<情報に対する態度>
【m:情報に対する態度】
  LEVEL 2 情報の大切さを意識する
  m2-010 情報の大切さに気づく
  m2-020 情報は人に影響を与えるということに、気づく
  m2-030 情報を選択した根拠を説明できる
  m2-040 自分の考えと違う意見があることに気づく
  m2-050 他の人の発信した情報の良いところを見つける
  m2-060 情報には、正しいものと誤ったものがあることを知る
  LEVEL 3 情報と主体的にかかわろうとする
  m3-010 発信された情報が人に与える影響を理解し、行動する
  m3-020 正しく伝えられたのか振り返り、修正できる
  m3-030 他の人の情報をもとに、自分の情報を改善できる
  m3-040 結果と意見を区別できる
  m3-050 社会の常識の中には、自分の考えと違うものもあることに気づく
  m3-060 受けとった情報が正しい情報かどうかを、意識できる
  m3-070 情報には、発信側の意図が含まれていることに気づく
  LEVEL 4 情報を批判的に活用できる
  m4-010 情報の真偽を判断し、適切に行動することができる
  m4-020 課題について調べた情報を根拠にして討論を行う
  m4-030 自分の行った活動を振り返り、問題点と理由を指摘できる
  m4-040 自分の発信した情報の影響を評価し、必要な改善を行う
  m4-050 統計情報の持つ意味を推測する
  m4-060 結論を導いた根拠を示す
  m4-070 自分の意見の独創性(オリジナリティ)を意識する
  m4-080 情報の適切さについて批判的に判断できる
  m4-090 他者が発信した意見や自己の意見を客観的に評価する
7. <情報モラル>
【n:情報モラル】
  LEVEL 2 情報モラルの大切さを知る
  n2-010 個人情報の大切さを知る
  n2-020 他人の情報を大切にする
  n2-030 相手を考えた言葉遣いで情報交換することができる
  n2-040 相手の気持ちを考えて自分の意見を表現する
  n2-050 情報提供者にお礼の気持ちをもつ
  LEVEL 3 情報モラルの大切さを受け止め、主体的に行動できる
  n3-010 ネットワークを利用する場合のルールやマナーを身につける
  n3-020 自分の発信した情報に責任を持つ
  n3-030 相手の状況を踏まえて、情報を発信する
  n3-040 個人情報の保護に配慮して情報発信することができる
  n3-050 人権に配慮して情報発信をすることができる
  n3-060 知的所有権を尊重する
  n3-070 情報の中にはモラルに反するものがあることを知り、適切な行動ができる
  LEVEL 4 関連する社会的なルールやマナーを理解した行動をとることができる
  n4-010 知的所有権を理解して情報収集をする
  n4-020 モラルに反する情報に対し、批判的な対応ができる
  n4-030 ネットワーク上に発信した自分の情報に責任を持つ


情報教育の目標リストの解説