学習活動をとおして、どのような能力を学年ごとに身につけさせていけばよいのか、このためには、情報教育の3つのねらいを、より具体的な形で示す必要があります。このような観点から、情報教育の目標を、さらに詳しく整理すると次の7つのカテゴリーに分けることができます。

■ア:情報活用の実践力
 (1)情報の表現とコミュニケーション
 (2)課題解決における主体的な情報活用(収集・表現・創造・発信・交流)
 (3)情報手段(情報メディア、コンピュータ、ネットワーク)の適切な利用

■イ:情報の科学的な理解
 (4)情報手段の仕組みや特性の理解
 (5)情報処理や情報技術、人間の情報認識に関する基礎的な理論と方法

■ウ:情報社会に参画する態度
 (6)情報に対する態度
 (7)情報モラル・情報発信の責任


 ここで示すように、情報教育のねらいには、情報に関する「知識・理解」の部分と、具体的な体験を通して徐々に身についていく「実践力」や「態度」の部分との、2つの異なったタイプの能力の育成が組み合わされています。このうち、知識・理解の部分は、関連する教科(中学校の技術・家庭科「情報とコンピュータ」や高校の普通教科「情報」における情報A・情報B・情報C)の中で具体的な指導内容や時間数が明示されていますので、具体的な教科書の中で展開されることになります。

 しかし、実践力や態度の育成は、主として総合的な学習の時間などで、クロスカリキュラムとして展開されるので、学習指導要領には、学年ごとの学習内容や時間数などが明示されるわけではありません。したがって、実践のためには、その目標の構造、学習課題との関連、評価の方法などをあらかじめ検討し、計画的に授業が展開できるように考えておかなければならないのです。また、情報に対する態度や情報モラルに関する内容などは、早期の教育が求められており、日常モラルとの関連で身につくように指導していかなければななりません。さらに、学習の成果を明らかにするためには、評価の視点も明確にし、目標を他の教科や発達の段階に配慮しながら、学年レベルにおろして検討し、具体的なリストとして整理しておく必要があります。

 私達は、このような要求にこたえるため、実践研究をすすめてきた現場の先生方といっしょに、具体的な目標リストの整理作業を進めてきました。この内容は、文部省から近く出される、「新・情報教育の手引き(仮称)」にも掲載されることになっています。これは、総合的な学習の時間で展開すべき「情報教育の目標」のひとつのモデルとなると思います。



 まず、情報活用の実践力は、(1)表現とコミュニケーション (2)課題解決における情報活用 (3)情報手段の適切な利用 の3つに分かれますが、そのうちの「課題解決における情報活用」は、さらに、【問題の発見と計画】,【情報の収集】,【整理・分析・判断】,【発信・伝達】の4つのプロセスに分かれます。しかし、これは評価の視点が分かれるのであって、学習活動そのものは、これらのプロセスを複数個含んで、スパイラルに、幾度も繰り返しながら進んでいくように設計されなければなりません。

 この表で、▲LEVEL2とあるのは、主として小学校中学年(3年・4年生レベル)、LEVEL3LEVEL4は、それぞれ小学校高学年、中学校以上を目安としており、1年間あるいは、2年間の児童・生徒の学習活動を観察して、総括的に評価する目標をしめしています。また、それぞれのLEVELの下に示されている番号のついている項目(ここでは、後で追加・削除が可能なように、a1-010, a2-020のようなコード番号が付けられている)は、そのLEVELの目標を具体的化するための下位目標であり、具体的な学習活動や達成度を評価するための評価視点でもあります。
 各学校あるいは教育委員会では、これらの項目を参考にして、学校の実態や地域の特性に応じて、下位目標や評価視点を付け加えて利用すればいいわけです。

 さて、この表は、目標別に 学年レベルの目標リストですが、ひとつの学年、例えば、小学校5・6年生に限って捉えてみると、「課題解決における情報活用」における目標は、

【問題の発見と計画】自ら課題を見つけ、見通しを持って活動することができる
【情報の収集】   課題解決に必要な情報を、情報手段を活用して収集する
【整理・分析・判断】集めた情報を分析し、適した方法でまとめることができる
【発信・伝達】   伝えたいことを明確にして、相手にわかりやすく伝える

ということにななります。
 そこで、情報教育の学習活動を評価する場合には、上のように学年ごとに整理し、学習課題や学習活動を検討する視点にします。

 このように、学年の長期の目標が明確にされると、個々の子どもたちへの評価の指標にもなるばかりでなく、教師は、日々の学習活動から、上記の目標がどの程度達成されているかを観察し、学期末や学年末には評価を子どもたちにフィードバックすることもできます。また、「情報教育のねらい」として、通知表などに記入することもできるわけです。(通知表の例参照)

 気がつかれると思いますが、この目標の中には、いわゆるデジカメが使えるとかイメージスキャナが利用できるとかいった技術習得の達成目標的な記述はありません。そのかわり、「情報はディジタル化すると、加工しやすいことがわかる」といった経験や「表現したい事物を効果的に写真やビデオに撮影する」といった体験が、「期待される学習活動」として書いてあります。すなわち、ここでは、あるハードウエアの使い方をマスターすることが目的なのではなく、それをつかって、ある「情報処理活動」を行うことが目的なのです。

 もちろん、そのためには、情報をデジタル化する手段として、デジカメが使えるとかイメージスキャナが利用できるのは、あたりまえのことになってきます。これは、目標ではなく前提です。したがって、このような(狭い意味での)操作技術の習得が最終的な目標にならないように、学習環境をうまく整備して、授業外で活用する機会を増やすようにしていく必要があります。この場合、簡単な自学自習教材を作ること、友達同士で教えあえる環境をつくること、休み時間や放課後に自由に利用できるようにすることなど、具体的な作業をすすめながら、楽しく活用の仕方が身につくように工夫し、授業時間には、本来の目標に則した学習活動が展開できるように配慮しなければならないでしょう。

情報教育の評価(保護者への通知)の例

◆総合的な学習の時間(情報活用・情報に対する態度)
項 目   
評 価 内 容
一学期
二学期
三学期
A
B
C
A
B
C
A
B
C
表 現
伝える内容を意識し、工夫しながら表現できる。                  
コミュニケ-ション
メディアを活用して情報を交流することができる。                  
課題の発見・計画
自ら課題を見つけ、見通しを持って活動することができる。                  
情報の収集
身近なところから様々なメディアを使って情報を集めることができる。                  
整理・分析・判断
集めたり、情報を比べたり、まとめたりする事ができる。                  
発信・伝達
まとめたことを人に伝えることができる。                  
情報手段の利用
情報手段の特性の違いに気づく                  
情報に対する態度
情報の大切さを意識できる。                  
情報モラル
情報モラルの大切さがわかる。                  

Aは、よくできる。Bは、できる。Cは、がんばろう。