■ ほりたんの情報教育事件簿         堀田龍也  



ほりたんの情報教育事件簿(その4)     ―海外編1―  (編集部編)   
                       KayooMag#004(2000/03/07 )掲載


  
◆原稿書きが進まないわけだ。出発できるのだろうか???

     出国まで,あと原稿4本! 無理じゃ!!
といって、ほりたんは、2月20日に、日本を旅立ち、5週間の海外研修ひとり旅に旅立ちました。

さて、ほりたんから最新の事件簿が届くかと〆切日まで待っていましたが、いま泊まっている、ロンド ンのホテルでは、インターネットがつながらないとか(すわそこ、事件じゃ!)

◆そこで、北アイルランドから送ってきたメールをもとに、今回は編集部で編集することになりました
(といっても、これまた編集部員がロンドンまで遊び?にいったそうなので、この事件簿、編集長自ら が新幹線の中で書いているという自転車操業です)。
もー、忙しいのに…   (今日も多忙な編集長)
―――――――――――――――――――――――――――
(ほりたんの海外だより より)

イギリスでは,全国統一の試験が,7歳,11歳,14歳で行われています。 これは,国家試験です。

何がすごいって,この試験の結果は,一般公開されています。
http://www.dfee.gov.uk/perform.htm
  11歳では,レベル2を終わるわけですが,ちゃんと終わる学力のある子は, この学校には89%いますよ,みたいなものが公開されているのです。

そして,この値をどう読むかについての説明があり,次のように書かれています。

Choosing a school:学校の選択 If you are considering which primary school your child might attend, you will find helpful information in the tables about the performance of schools in your area. But the tables provide only part of the picture of each school's overall achievements.

あなたのお子さんがまもなく小学生になるなら,あなたの地区の学校がどの程度の実 績を上げているかを示すこの表は参考になる情報になります。しかし,この表は,あくまで学校のさま ざまな教育活動の一部の成果であることを理解しておいて下さい。

いずれにしても,学校はきちんと外部から評価されています。
――――――
こちらでよく聞く言葉に,「work」があります。日本語的には「働く」だけど, 学校でもよく使われています。
意味としては,「課せられた仕事を果たす」ということ。
("Quality Britain 2000", British Embassy)

日本的に言えば,そこにいるだけで頭が働いていないような状態は, 勉強したとは言わないってことだ。

日本では,学校での勉強が,あるいはもしかして教員研修が, non-workingになっているような気がしてきました。
うーん…
――――――――――――――――――――――――――――
◆あれれ、これを編集し終わったら、本物が送ってきた。 さすが、ほりたん。原稿の期限の厳守は、ばっちり(いやみですかこれは?…)。
でも、せっかく作ったから、両方載せちゃえ。今回は、2回分だよ。

copyright(c) 2000-2002 火曜の会